年末年始2018-2019の海外旅行計画の一案にどうぞ

その他
05 /12 2018
いま2018夏休みの旅行の検討と併せて、
年末年始2018-2019の旅行代金もチェックしています。

と言うのも、来年は1月4日(金)を休むと9連休になります。
どうせならお正月をゆっくり海外で過ごしてみたいですね。
2019.jpg
検索している限り中国東方航空利用の便が比較的安い料金が出ている状況です。

オーストラリアブリスベンへ、
12月29日出発し、1月6日帰国で、
すべてコミコミ大人69,470円、子ども60,370円と、
大人2人、子ども2人なら259,680円です。
 268.jpg
踏ん切りが難しいところがありますが、まあまあいい感じです。
参考にしてください。

☆Aizu磐梯のアフィリエイト☆
海外旅行


スポンサーサイト

2018夏休みの海外旅行計画の一案にどうぞ

その他
04 /15 2018
実際に行くかどうかは別として、
2018夏休みの旅行の検討をしていますが、
なかなかいいエア代を見つけました。

方面はマレーシアペナン島で信頼のシンガポールエアライン利用。
小中学校が休みとなる7月21日(土)から出発する6日間。

すべてコミコミで大人48,640円、子ども36,600円で、
大人2人、子ども2人なら170,480円です。
SIN001.jpg
出発日にペナン島に到着しますし、
帰りは夜便のため寝て帰ってこられます。

ペナン島にはまだ行ったことがないので、
かなりいい感じです。

☆Aizu磐梯のアフィリエイト☆
海外旅行


夏休みの子連れ海外旅行は個人手配で航空券から

その他
07 /02 2017
7月に入り、夏休みの海外旅行の計画をしている人も多いと思います。
早い段階で手配できるのが一番ですが、
予定が立たない人も多いのも事実です。

直前になると高いイメージがありますが、
意外と個人手配だとお得な航空券があったりします。

たまたま、安近短のグアムを見ていると、
何と8月3日(木)から8日(火)までのエア代が
大人2名、子ども2名で154,760円といい感じです。
GUAM1.jpg

我が家の予定が決まっていなければ即決の値段です。
あきらめずにお得なチケットを下記のリンクから見つけましょう。

てるみくらぶでの旅行

その他
04 /01 2017
昨年、夏休みの旅行として計画した1つがベトナムダナン。
てるみくらぶの企画4名で201,600円(サーチャージなど込みで236,760円)というのに惹かれ、
2016年2月に申し込みました。

クレジット払いで申し込みをしましたが、
結局、仕事の関係などで予定が立たなくなり5月にキャンセルし、
払い戻しも特に問題はありませんでした。

これが今年の話だったら、旅行代金はちょうど返ってこなかったのでしょうね。

●お申込みコース
 2/8(月)まで受付延長!■新春特別企画■夏休み☆家族旅行におすすめ!≪4名で201,600円≫
 5ツ星・ハイアットリージェンシーに泊まる♪<成田発>ダナン4日間
 【64~82平米 1ベッドルームレジデンス】

その後もベトナムを中心にお得で魅力的なツアーが何度も登場していたので、
常にチェックしていましたが、今回の出来事は非常に残念です。
tellme1.jpg

そのため、実際にてるみくらぶのツアーを利用したことはなかったのですが、
実は2015年3月末に事業統合されたグループ会社
さわやかプラスに1度だけお世話になっていました。

それは、2013年2月に行ったグアム
何と2月の連休を使って4名で131,280円。

●お申込みコース
 【間際出発でもまだ間に合う!2月出発★】フライト未定 5日間
 『4名1室』 簡単キッチン付き!≪コンドミニアムクラス/建物指定なし≫

このとき、燃油サーチャージが高騰しており、ひとり16,000円の設定、
募集企画型旅行代金は11,800円(大人・子供同額)でした。

また、フライト未定のため燃油サーチャージの設定が、
航空会社の定める額の変更や利用航空会社によって、
申込み後に変動の可能性があるというもの。

最終的にフライトはチャーター便になったため、
旅行後、燃油サーチャージの金額を問い合わせると、
トラブルなく全額返金(16,000円×4名分)してくれました。
※たぶん、問い合わせをしない人には・・・。

そのため、最終的にグアム5日間4名で67,280円という
あり得ない旅行代金でした。
※もちろん我が家の海外旅行最安値

結果的には「てるみくらぶ」に対する悪い印象は全くないのですが、
実際に被害にあったらと考えると恐ろしくなりました。
tellme2.jpg

ビザなし訪米にはエスタへの申請が必要

その他
12 /04 2016
アメリカへの入国には、平成21年1月12日より、
電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)、
通称「エスタ」の認証を義務化されています。

これは、短期滞在のビザ(査証)を免除しているすべての国々を対象にしているので、
エスタの認証を取らずに入国するにはビザを取得しなければいけません。

グアム旅行では、「グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム」の利用で
エスタは必要ありませんでしたが、現在ハワイ旅行を計画しているため、
エスタが必要となりました。

エスタへの申請は、エスタのHPにアクセスし、手続きを行う必要があります。

1人14ドル必要でクレジットカード(今回の請求額1人1,611円)が利用できます。

かなり面倒な入力内容となっており、家族4人分申請するのにかなり手間取りましたが、
分かりにくい質問に対する回答には参考となる記事がたくさんHPに載っているのでクリアできました。

なお、エスタの認証は2年間有効ですが、
2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、
パスポートの有効期限日をもって認証は無効になります。
ESTA.jpg

グアムでも、平成28年4月4日より「ESTA」所持者の専用レーンを試験的に設置したので、
利用できれば入国審査待ち時間が短縮されそうです。

前回のグアム旅行でひどい目にあったので継続してほしいです。

Aizu磐梯

ご訪問ありがとうございます。
写真の花は会津磐梯山に咲く固有種バンダイクワガタ♪(人差し指ほどの大きさの小さなかわいい花になります!)

2003年4月から陸マイラー生活でワンパスマイレージ(現マイレージプラス)をコツコツ貯め始め、

2007年2月にケアンズ
(3名分75,000マイル)

2007年11月にグアム
(3名分60,000マイル)

2012年8月にシンガポール
(3名分90,000マイル)

2015年12月にグアム
(4名分100,000マイル)

そのほかデルタスカイマイル
2011年9月にパラオ
(1名分32,500マイル)

以上がこれまでの特典航空券の実績です♪

海外でよく行くのはグアム。飛行時間が短く、旅行代金が安い。他のところと比べると安全性は高いし、小さな子ども連れには間違いのないところ。
また、年1回以上海外旅行に行くために、マイレージプログラムなどを活用してお金を節約するだけでなく、お得感(値段以上に豪華♪)をいつも大事にしています。

山はもちろん、ブログのタイトルになっているように会津磐梯山がホームグランドですが、今は飯豊山の魅力にとりつかれています。飯豊山は長丁場なのですぐに登れないのが難点であり、魅力ですね。