2014夏休みセブ島 - 会津磐梯山は宝のコリャ山よ

アイランドホッピング(Bipolar Island Experience)

子どもの夏休みを利用して、2014年8月2日からセブ島に行ってきました。
その際、セブの定番、アイランドホッピングに参加しました。

出発前に日本でいろいろなツアー会社を探しましたが本当にどこも高い。
どこにしようかいろいろ悩んでいたところ、
滞在するホテル(プランテーションベイ)のHPを見ていたとき、
ホテル催行のツアーを発見。

2つの島を周遊(Bipolar Island Experience)というもので、
ヒルトゥガン島で魚とシュノーケリングで遊び、
その後穏やかな波が洗う美しい砂浜(パンダノン島)でのんびりと過ごすという。

料金は2人で5,500ペソ(当時のレートで約13,000円)。
1名追加で1,500ペソ、4歳~14歳の子どもは750ペソ。
※宿泊していない場合、2,000ペソの追加料金有り。

う~ん、安い。しかも、必要なものはすべて含まれています。
入場料、シュノーケリング用具、救命胴衣、パンダノン島のコテージ、
カヤック、フリスビーとバレーボール、バーベキュー、ランチ、
飲み物(ビール、ソフトドリンク、ボトルウォーター)。

飲み物にはビールまで含まれているではありませんか、
これで決まりです。

メールで予約すると、案内は5,750ペソ(カード決済13,638円)。
ツアー代金は予約時の前払いですが、
キャンセルは24時間前までなら無料です。
しかも、HPの記載料金より500ペソ安かったです。

アイランドホッピング当日、午前9時にホテル内にあるマリンショップへ。
移動時間がないのがうれしいですね。

足ひれ(フィン)のサイズ調整などを行い、午前9時30分出航です。
この日は他に3組と同じツアーになりました。
CIMG0180.jpg

この日、天気はイマイチ。
雨は降りませんでしたが、波が高かったです。
結果的には滞在中、一番天気の良くない日を選んでしまいました^^

まずはヒルトゥガン島沖でのシュノーケル。
魚はたくさんいるのですが、海草が邪魔なうえ波が高くて流れが速く、
怖がって泣いている子もいるほど。
シュノーケルを楽しむというよりはとりあえず体験するといった感じです。
CIMG0186.jpg IMG_1416.jpg

ボートにあがると魚介類を売る物売りがいましたがもちろんお断りし、
次はパンダノン島へ。
CIMG0191.jpg

ビーチがきれいだと聞いていましたが、
天気がイマイチなせいかあまりきれいではありません。

何よりビーチの手入れをしていないので、
いろいろなものが流れ着いて真っ白なビーチにはなっていないのです。
もはや観光化され過ぎているのかもしれませんね。

ここでのランチは海老や焼き鳥のバーベキュー。
これが旨い!
風の吹き抜ける心地よいコテージで海を眺めながら食べるBBQは最高でした。
CIMG0214.jpg CIMG0197.jpg

逆に風があるのが幸いしているのかもしれません。
ハエが寄ってきませんでした。

食後はビーチで遊び、ホテルに戻ったのは午後4時近く。
なお、パンダノン島のシュノーケルでは魚は期待できませんね。
IMG_1427.jpg

最後にクーラーボックスに残っていたビールやジュースをみんなに分けてくれました。

★Aizu磐梯のアフィリエイト★
スポンサーサイト

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

オスロブでのジンベイザメダイビング

子どもの夏休みを利用して、2014年8月2日からセブ島に行ってきました。
その際、ジンベイザメに会いたくてオスロブへ。
お世話になったダイビングサービスはブルーコーラルさん。

ホテル出発は朝の5時40分。
到着したのは午前9時15分。

途中、ガソリンスタンドで休憩(40分)しましたが、
マクタン島からセブ島の南端オスロブへは車で3時間35分掛かりました。

オスロブに到着すると既に多くの人がシュノーケルをしています。
IMG_14550.jpg

いよいよジンベイザメとのダイビング開始。
餌付けのためか透明度がイマイチですが、
6メートルほどのジンベイザメの巨体が踊ります。

ここにやって来るのは子どものジンベイザメとのこと。
大きくなると餌付けにはほとんどやって来ないそうです。

40分ほどジンベイザメを堪能し水面に浮上。
印象としては、思ったほど感動はありませんでした。

餌付けでほぼ100%見ることができるとか、
シュノーケルでも楽しめるというのがあるのかもしれません。
やはり野生のジンベイザメに会いたいですね。
ここはシュノーケルで楽しむところかもしれません。

オスロブの後はスミロンへ。
IMG_1479.jpg

この日はあまり天気が良くありませんでしたが、
スミロン島には美しいホワイトサンドのビーチがあり、
マクタン島周辺のビーチはもちろん、
アイランドホッピングで訪れた島と比べてもきれいです。

海の中の透明度は抜群で、見事なハードコーラルの珊瑚と
パープルビューティーのきれいな紫がとても印象に残っています。
また、スパインチークアネモネフィッシュを始めとする
クマノミの巣が目を楽しませてくれました。

ダイビング後はボートの上で昼食。
このとき食パンに塗って食べたMondelez(前KRAFT)のチーズが美味しくて
スーパーで買って帰りました。
IMG_1483.jpg

港に到着すると、シャワーを浴びてログ付け。
たくさんいたツアー客は既にいなくなっていました。
IMG_1491.jpg IMG_1488.jpg

午後2時30分、マクタン島へ向けて出発です。
途中、渋滞に巻き込まれてダイビングショップに到着したのは午後6時55分。
帰路の休憩は10分のみでしたが、4時間25分掛かりクタクタ。
ショップで精算手続きなどを行いホテルに戻れたのは午後7時55分でした。


続きを読む

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

マクタン島にあるショッピングセンター

子どもの夏休みを利用して、2014年8月2日からセブ島に行ってきました。

滞在中、買い物のためガイサノ・マクタンへ。
場所は、プランテーションベイ リゾート&スパとSMとのほぼ中間点に位置しています。

2階にある靴売り場は圧巻。店員の多さも圧巻です。
皮製品の靴がお得に感じました。

全体的にSMと比べると地元色が強いです。
CIMG0345.jpg

なお、地下にあるスーパーにはフィリピンのケーキチェーン店、
goldilocksのPolvoron(ポルボロン)は置いてありませんでした。

メータータクシーで行きは25分で211ペソ、帰りは35分で155ペソでした。


★Aizu磐梯のアフィリエイト★

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

セブ島で買い物するなら必見

子どもの夏休みを利用して、2014年8月2日からセブ島に行ってきました。

お土産を買いにSMへ。
SMはセブの2大ショッピングモールのひとつで、
本館にノースウィングが加わり、さらに巨大な施設になっています。
CIMG0262.jpg CIMG0259.jpg

そのためお目当てのショップは事前に調べ、ある程度目星を付けておいた方がいいです。
CIMG0255.jpg CIMG0263.jpg

お土産は本館の一番下の階(地下?)にあるスーパーで揃えることができます。
マンゴーは量り売りなのでレジに持って行く前に果物売り場で重さを量ってもらいます。
フィリピンのケーキチェーン店、goldilocksのスペイン生まれのお菓子Polvoron(ポルボロン)はお勧めです。
CIMG0265.jpg CIMG0266.jpg

オープンは午前10時となっています。

今回滞在したプランテーションベイ リゾート & スパからはSMへの無料シャトルバスが出ています。
ホテル出発が午前9時と午後0時。帰りは午後1時30分と4時15分になっています。
CIMG03400.jpg


★Aizu磐梯のアフィリエイト★

テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

プランテーションベイ リゾート&スパ

子どもの夏休みを利用して、2014年8月2日からセブ島に行ってきました。

ホテル選びは当初子どもが楽しめそうなシャングリ・ラ マクタン リゾート&スパでしたが、シャングリ・ラはエアの手配をした1月末から既に満室状態。
ウォーターパークだけで考えればJpark Island Resort & Waterpark Cebu(旧インペリアルパレス)の方が子どもは楽しめそうですが、ちょっとテーマパークに偏りすぎ。

そこで浮上したのが、プランテーションベイ リゾート & スパ。
ウォータースライダーがあって、口コミのスタッフの対応の良さとラグーンの景色の良さ。
ホテルを決めた後で迷ったのが部屋タイプ。ラグーンサイドルームかラグーンビュールーム。ラグーンサイドルームは、1階に配置され、バルコニーからラグーンへすぐに行けるのが特徴。口コミではこちらを勧めている方の多かったのでかなり迷いましたが、一番下の子が勝手にラグーンに出られては困ると思い、2階に配置されているラグーンビュールームへ。


実際に泊まった感想としては、ホテルにゆっくり滞在してホテルライフを楽しむ人には快適なところです。一方、滞在日数が短い人、ホテルを出て買い物、食事、マッサージなどに行きたい人には向かないです。
水は1日1本(1リットル)となっていましたが、4人での滞在のためか初日以外は2、3本補充してくれていました。リクエストすれば無料で水を持ってきてもくれます。
また、テレビで日替わりアクティビティやレストラン情報など確認できます。ロビーや各宿泊棟などに設置されているモニターと同じ情報を部屋のテレビでも見ることができますので、必ずチャンネルを確認しましょう。





なお、口コミでは部屋の掃除に来ないというのを見かけましたが、ここは部屋の入り口のところにカードキーを差し込んでおくと電気が使えるようになり、同時に「Do not disturb」(部屋に入らないで)状態になります。そのため、部屋の掃除をしてもらいたいときはカードキーを抜いて外出する必要があります。逆に掃除をしてもらいたいタイミングでカードキーを抜けばいいので非常に便利です。

残念だったのがウォータースライダー。短いスライダーと言うより滑り台1台のみ。大きなものは工事中で使えませんでした。
 

ホテルでの食事ですが、キリマンジャロカフェを朝食で利用しましたが、満足度は非常に高かったです。フィジーレストランは、焼き鳥、ガーリックライス、餃子、カツ丼、ご飯系が美味しいと思いました。パレルモではタパス料理を食べられるのでワインを飲みながら楽しめます。そして、一番のお勧めはサバンナグリルというファーストフード。ギンギンに冷えたグラスと瓶ビールでサンミゲルを楽しめます。これとチリハンバーガーの相性は最高です。
なお、暑いためか全体的に味付けはしょっぱいです。
   

旅行のクチコミサイト フォートラベルの記事も参考にしてください。


★Aizu磐梯のアフィリエイト★
Aizu磐梯のプロフィール

Aizu磐梯

Author:Aizu磐梯
ご訪問ありがとうございます。
写真の花は会津磐梯山に咲く固有種バンダイクワガタ♪(人差し指ほどの大きさの小さなかわいい花になります!)

2003年4月から陸マイラー生活でワンパスマイレージ(現マイレージプラス)をコツコツ貯め始め、

2007年2月にケアンズ
(3名分75,000マイル)

2007年11月にグアム
(3名分60,000マイル)

2012年8月にシンガポール
(3名分90,000マイル)

2015年12月にグアム
(4名分100,000マイル)

そのほかデルタスカイマイル
2011年9月にパラオ
(1名分32,500マイル)

以上がこれまでの特典航空券の実績です♪

海外でよく行くのはグアム。飛行時間が短く、旅行代金が安い。他のところと比べると安全性は高いし、小さな子ども連れには間違いのないところ。
また、年1回以上海外旅行に行くために、マイレージプログラムなどを活用してお金を節約するだけでなく、お得感(値段以上に豪華♪)をいつも大事にしています。

山はもちろん、ブログのタイトルになっているように会津磐梯山がホームグランドですが、今は飯豊山の魅力にとりつかれています。飯豊山は長丁場なのですぐに登れないのが難点であり、魅力ですね。

Aizu磐梯の最新記事
Aizu磐梯のカテゴリ
Visited Countries

visited 15 states (6.66%)
Create your own visited map of The World
楽天でお買い物 by Aizu磐梯
温泉でのんびり by Aizu磐梯
お小遣いゲット by Aizu磐梯
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Gポイント

マクロミルへ登録
Aizu磐梯のリンク
FC2カウンター