飯豊山 - 会津磐梯山は宝のコリャ山よ

2017飯豊本山1泊2日川入往復後編

2017年7月15日、今シーズン初の飯豊山へ。
昨年10月に登って以来です。
日程:2017年7月15日(土)~16日(日)

〈後編〉
P7150225.jpg
本山小屋から本山へのルートには、
イイデリンドウ(飯豊竜胆)が賑わっています。

P7150241.jpg
そして、ひめさゆり(乙女百合)。
登山道が彩られており、とても素敵です。
本山小屋に戻りくつろいでいると、
管理人さんがブロッケン現象が出てるはずと。

P7150267.jpg
すごい、ちょっと弱いけど確かに見えます。
初めて見ました、ブロッケン!!

P7150283.jpg
残念ながら夕日は拝めませんでしたが、これはこれでいい景色。

〈二日目〉
P7160311.jpg
朝陽は拝めませんでしたが、朝焼けもきれいです。
風が半端なく強いです。

P7160307.jpg
右側奥に昨日は見えなかった、エブリ差岳。
向こう側(西側)から厚い雲が迫ってきています。

P7160324.jpg
せっかくなので再び山頂へ。

P7160336.jpg
やっぱり山頂で朝ラーしないと気が済みません。
ただ、風はメチャメチャ強いです。
それでも40分ほど滞在し、午前6時9分下山します。

P7160343.jpg
御前坂を下りますが、これから帰る途々が長く続いています。

P7160348.jpg
御前坂の途上、ヒナウスユキソウがいい感じです。

P7160356.jpg
御秘所から東側斜面を覗き込みます。

P7160360.jpg
午前7時37分、草履塚に到着。
大日岳は完全に雲の中。

P7160361.jpg
ここからは雪渓を下り、午前8時3分、
2時間弱で切合小屋到着。

P7160369.jpg
切合小屋で少し休憩し、水を補給。
切合小屋を出発すると、大日杉へ下るルートへちょっと寄り道。
ほどなく雪渓に阻まれます。

P7160372.jpg
目的はこちら、シラネアオイ。
この辺りは長く雪が残るので、シラネアオイが結構長い間見られます。

P7160385.jpg
再びルートに戻り、種蒔山を通過し、七森へ。
雨がパラパラと降ったりしています。

P7160393.jpg
七森を通過すると、いよいよ三国小屋が見えてきました。
午前9時57分、山頂から3時間48分で三国小屋到着。

P7160399.jpg
三国小屋で食事休憩し、剣ヶ峰の岩稜を下ります。

P7160409.jpg
雨に降られる前に無事通過できました。
地蔵山分岐手前から雨が降り始めます。

P7160413.jpg
ギンリョウソウ(銀竜草)には雨が似合います。

P7160422.jpg
途中の水場(峰秀水)でゆっくり休憩したかったのですが、
雨が降り止まず、下山を急ぎます。
午前11時44分、横峰、
午前11時55分、笹平、
午後0時15分、上十五里通過。

P7160426.jpg
とにかく雨が降り続くので、休むことなく歩きます。
午後0時29分、中十五里、
午後0時42分、下十五里通過。

P7160428.jpg
ようやく午後1時8分、川入登山口到着。
林道を歩き、午後1時16分、山頂から7時間7分で御沢野営場に到着。
今回も無事に飯豊を楽しむことができ、山の神様に感謝です。
スポンサーサイト

2017飯豊本山1泊2日川入往復前編

2017年7月15日、今シーズン初の飯豊山へ。
昨年10月に登って以来です。
日程:2017年7月15日(土)~16日(日)

〈前編〉
P7150000.jpg
午前5時18分、川入登山口の御沢野営場(喜多方市)から出発します。

P7150003.jpg
午前6時3分、最初の目印、下十五里到着。
ここまで45分といいペース。

P7150011.jpg
午前6時24分中十五里、午前6時50分上十五里、午前7時21分笹平。
午前7時40分横峰を通過すると、アカモノまつり。

P7150015.jpg
続いていつもの峰秀水の水場でのどを潤します。
午前8時22分、ここまで3時間4分。
切合小屋の水場が使えるとの情報を得ていましたが、
ここで満タンにしておきます。

P7150020.jpg
地蔵山分岐にでると、イワイチョウに虫たちが群がっています。

P7150062.jpg
さて、いよいよ前半戦の踏ん張りどころ、剣ヶ峰の岩稜。
ここではひめさゆりが応援してくれています。

P7150065.jpg
とにかく暑いです。剣ヶ峰でたっぷり汗を搾り取られます。
これが晴れていたら、もっと大変だったと思います。

P7150075.jpg
午前9時40分、4時間22分で三国小屋に到着。
三国小屋では修繕作業が行われていました。

P7150090.jpg
三国小屋で食事休憩をしていると、ガスが晴れてきました。
30分ほど休憩し、午前10時11分、切合小屋へ向けて出発です。

P7150112.jpg
種蒔山を過ぎるとひめさゆりがこんな感じ。

P7150116.jpg
切合小屋手前から雪渓が姿を現します。
一箇所急なところがあり注意が必要ですが、
雪が溶けたところを歩けば問題ありません。

P7150130.jpg
午前11時58分、切合小屋到着です。
ここまで6時間40分。こちらも修繕中でした。
事前の情報どおり水場は使えるようになっています。

P7150135.jpg
午後0時14分、本山小屋へ向けて出発です。
まずは草履塚を目指します。

P7150137.jpg
雪渓をひたすら登ります。
チェーンスパイクなどはなくても大丈夫ですが、
身に着けた方が楽です。

P7150139.jpg
雪渓を登ること30分、草履塚に到着。
ダイナミックな飯豊らしい見事な景色です。

P7150163.jpg
姥権現から御秘所、御前坂へと続きます。

P7150179.jpg
御前坂に到着すると、ガスがかかります。
おかげで暑さが軽減されます。

P7150183.jpg
午後2時45分、登山口から9時間27分で本山小屋到着。
宿泊の手続きを済ませ、身軽になって本山山頂を目指します。

P7150184.jpg
やったー!山頂到着です。
今年も来ました、この景色。

P7150212.jpg 
すごい!!神々しい景色です。
後編へ。

飯豊本山1泊2日川入往復2日目後編

2016年10月9日、今年初めて飯豊山に行って来ました。
昨年9月に登って以来、1年振りです。
日程:2016年10月9日(日)~10日(月)



10/10(後編)
午前7時52分、下山開始。


御秘所からの眺め(地蔵岳方面)がやばいです。


こちらは草履塚方面。


う~ん、すごい♪


草履塚に到着するも、大日岳は姿を見せず。


切合小屋が見えてきました。ホント、いい感じ。


午前9時33分、切合小屋に戻ってくると、営業終了となっていました。
朝まで使えた水場も使えない状態の完全閉鎖で、手早い作業です。


草履塚までは晴れていますが、本山はガスの中で、晴れそうにない感じです。


種蒔山方面もいい感じです。


七森方面。


疣岩山方面。


三国小屋が見えてきました。
ここもいい感じ♪


午前11時11分、三国小屋到着。ここまで3時間19分。
山頂で朝ラーができなかったので、ここでお昼のラーメン。


三国小屋で休憩後、剣ヶ峰の岩稜を慎重に下り、地蔵山方面に向かいます。


午後2時36分、御沢野営場到着です。
本山から6時間12分(三国小屋での休憩除く)。
今回も無事に飯豊山を楽しむことができました。
山の神様に感謝です。

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

飯豊本山1泊2日川入往復2日目前編

2016年10月9日、今年初めて飯豊山に行って来ました。
昨年9月に登って以来、1年振りです。
日程:2016年10月9日(日)~10日(月)


10/10(前編)
夜明けまで霧雨が残り、山頂は雲の中。
雨が止んだだけでも良しとしましょう。


午前5時49分、山頂に向け出発です。
紅葉は本当にいい感じ。


時折見せるガスの切れ間から、御秘所の尾根が神秘的です。


午前6時52分、御前坂に到着です。


一ノ王子に到着すると、状況が一変。
強風により草木が凍り付き、荒涼とした大地へ。


雨氷がとてもきれいです。


本山小屋が見えてきました。
午前7時24分、本山小屋到着。


午前7時37分、本山到着です。
切合小屋から1時間48分。
あいにく、何も見えませんが、標柱が凍り付いており、これから来る冬を感じさせます。


山頂も風が強く、寒いので山頂滞在15分で下山します。
また、来年来るぞ!
10/10(後編)へ。

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

飯豊本山1泊2日川入往復1日目

2016年10月9日、今年初めて飯豊山に行って来ました。
昨年9月に登って以来、1年振りです。
日程:2016年10月9日(日)~10日(月)


10/9
喜多方市川入集落から入山します。
豪雨の影響から復旧した御沢野営場まで車で行くことができます。


この日は雨予報ですが、午後から雨がやみ始め、曇りになる予定。
雨のなか、午前6時32分、出発です。


午前7時50分、下十五里通過。
午前7時41分、中十五里を過ぎると、カエルがお出迎え。
カエルにとってはいい天気です^^


午前8時8分、上十五里、午前8時39分、笹平、午前8時59分、横峰通過。
午前9時37分、峰秀水の水場に到着です。
これだけ雨が降っても濁りはありません。
いやー、本当に美味しく、生き返ります。


今年の紅葉は遅く、地蔵山周辺からようやく紅葉が始まります。


剣ヶ峰の尾根が始まります。


雨の影響で、紅葉が幻想的できれいです。
しかし、岩場は濡れて滑るので怖いです。


午前10時52分、三国小屋着。
ここまで4時間20分。


三国小屋から本山方面を眺めると、紅葉が最高です。
雨のため、小屋の中でカップラーメンを食べて、午前11時40分、切合小屋へ向かいます。


尾根歩きは風が強く、嫌な感じですが、紅葉は”やばい”。


午後0時45分、種蒔山通過。
雨がやむどころか、強くなってきます。


午後1時3分、切合小屋着。
何と管理人さんがおり、水場が使え、ストーブまで用意していてくれました。
明日、晴れることを願い、この日はここに泊まります。

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

Aizu磐梯のプロフィール

Aizu磐梯

Author:Aizu磐梯
ご訪問ありがとうございます。
写真の花は会津磐梯山に咲く固有種バンダイクワガタ♪(人差し指ほどの大きさの小さなかわいい花になります!)

2003年4月から陸マイラー生活でワンパスマイレージ(現マイレージプラス)をコツコツ貯め始め、

2007年2月にケアンズ
(3名分75,000マイル)

2007年11月にグアム
(3名分60,000マイル)

2012年8月にシンガポール
(3名分90,000マイル)

2015年12月にグアム
(4名分100,000マイル)

そのほかデルタスカイマイル
2011年9月にパラオ
(1名分32,500マイル)

以上がこれまでの特典航空券の実績です♪

海外でよく行くのはグアム。飛行時間が短く、旅行代金が安い。他のところと比べると安全性は高いし、小さな子ども連れには間違いのないところ。
また、年1回以上海外旅行に行くために、マイレージプログラムなどを活用してお金を節約するだけでなく、お得感(値段以上に豪華♪)をいつも大事にしています。

山はもちろん、ブログのタイトルになっているように会津磐梯山がホームグランドですが、今は飯豊山の魅力にとりつかれています。飯豊山は長丁場なのですぐに登れないのが難点であり、魅力ですね。

Aizu磐梯の最新記事
Aizu磐梯のカテゴリ
Visited Countries

visited 15 states (6.66%)
Create your own visited map of The World
楽天でお買い物 by Aizu磐梯
温泉でのんびり by Aizu磐梯
お小遣いゲット by Aizu磐梯
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Gポイント

マクロミルへ登録
Aizu磐梯のリンク
FC2カウンター