2018鏡山の山開きへ

トレッキング
06 /02 2018
2018年5月27日(日)、西会津町にある鏡山の山開きへ。
鏡山は会津百名山、うつくしま百名山のひとつ。
弥生集落に集合し、テープカットして出発です。
最初は林道歩きになりますが、弥生集落から駐車場までの移動手段は極秘です^^
午前7時27分、駐車場を出発。
5年以上前に来たときには駐車場はありませんでした。
駐車場からも林道歩きが続きます。
久良谷沢沿いを歩き続けます。
午前8時22分、ようやく登山道へ。
約1時間の林道歩きでした。
午前8時42分、20分で弥平四郎集落からの登山道と合流します。
タムシバやムラサキヤシオが登山道を彩ります。飯豊連峰が見え始めてからも長いです。目の前に見えるピークは山頂ではありません。
七森峰というぐらいなので、アップダウンを繰り返します。
午前9時56分、山頂到着です。
駐車場から2時間29分で到着。
山頂にはまったく雪が残っていません。
素晴らしい展望です。鏡山からの稜線をたどると、巻岩山、疣岩山、三国岳、種蒔山、 草履塚、飯豊本山、駒形山、御西岳、 大日岳と一望です。
右奥にはうっすら磐梯山の姿も見えます。
山頂でもう少しまったりしたかったのですが、山開きのため次々登ってくるため午前10時35分、下山開始です。
午前11時29分、分岐通過。
午前11時46分、林道へ。
午後0時36分、駐車場通過。
午後1時1分、弥生集落到着です。
※タムシバ
山頂から弥生集落まで2時間26分掛かりました。天気が良く、素晴らしい山開きでした。ただ、かなりブユに献血してきましたが・・・。
※エンレイソウ
企画していただいた西会津山の会に感謝です。

スポンサーサイト

2017紅葉が見事な安達太良山へ

トレッキング
10 /09 2017
平成29年10月8日、子どもと一緒に安達太良山に行ってきました。
ここは日本百名山として有名ですが、実は会津百名山のひとつにもなっています。
PA080087.jpg
今回は会津側の登り口ではなく、
あだたら高原スキー場がある奥岳登山口からスタート。

出発したのは、午前11時。
2km手前あたりから車が渋滞し、2時間以上掛かってしまいました。

紅葉はかなりいい感じです。
登山道は結構ぐちゃぐちゃなところが多く、靴がドロドロ。
PA080023.jpg

午後0時30分、薬師岳に到着すると、乳首の直下の紅葉がヤバいです。
ちょうどガスが晴れ、素晴らしい景色にみな驚嘆しています。
PA080036.jpg PA080047.jpg

午後2時、ようやく山頂に到着です。
PA080058.jpg

遅い昼食後、乳首へ。
素晴らしい360度の景色です。
 
帰りは遅くなってしまったため、ロープウェイを使いました。
午後4時15分、無事駐車場到着。

紅葉はまさに最盛期でとても素敵な山登りとなりました。



★Aizu磐梯のアフィリエイト★


陸奥の国安積の里、額取山(安積山)パート2

トレッキング
09 /10 2017
今年の4月に登った額取山(安積山)へ。

登山道の歩きやすさや距離など
子どもが登るのに最適なコースだと感じたため、
今回は子どもを連れてやってきました。

前回同様、登山口手前の集落の弘法清水で「水」を補給します。

午前8時30分、滝登山口を出発。
登山道は非常に歩きやすく、30分ほどで熱海登山口と合流。

今回は雪がないため、登山道は快適そのもの。
午前10時1分、約1時間30分で山頂に到着です。
CIMG5652.jpg
今日も山頂、ヤバいです。
猪苗代湖や磐梯山、360度のパノラマが最高です。
CIMG5661.jpg
前回と変わらないのが、「風」。
会津盆地からの風をこの山が受け止めている感じです。

午前10時44分、下山開始。
CIMG5674.jpg
午前12時3分、1時間19分で滝登山口に到着です。

飯豊山におけるストック石突きへのキャップ着用を考える

トレッキング
07 /23 2017
環境省では、登山用ストックのキャップについて、
山のストレスを少しでも軽くするために、
登山用ストックの先にキャップを装着することをお願いしています。
 
飯豊山は磐梯朝日国立公園に指定されており、
標柱にキャップ着用を呼び掛けています。
P7160418.jpg
今回、下山途中、登山道の草刈りを行っている人から
キャップの着用を注意されました。

私自身、ストックを使い始めた頃は、
もちろん、キャップ(ゴム)を付けていましたが、
ある頃を境に逆に付けないようにしていました。

それは、気づくとキャップが無くなってしまうのです。
何度かそれを繰り返すうちにキャップを付ける方が
自然に与える影響が大きいと判断していました。

そう山にゴミ(ゴムのキャップ)を落としてくるよりはと
考えるようになっていたのです。

そうは言ってもルールはルールなので、
守っていく必要がありますが、
とりあえず、ゴムのキャップを無くさないようにする必要があります。

飯豊山のケースでは、モンベルの製品を紹介しており、
意匠登録済の独自構造で脱落を防ぐ製品を開発していますので、
そろそろ買い替えを検討してもいいかもしれません。

これから購入を考えている人も、是非、お試しあれ!!

★Aizu磐梯のアフィリエイト★



なお、紛失防止にはこちらが最適で、盗難防止にもなります。


バンダイクワガタなど高山植物が彩る磐梯山

トレッキング
07 /11 2017
今シーズン初めての磐梯山へ。
お目当ては磐梯山の固有種、バンダイクワガタ。

磐梯山はホームグランドですが、
よく考えてみると、最近バンダイクワガタに会えていません。

いつもは翁島登山口からの直登ルートを使いますが、
バンダイクワガタを求めて沼ノ平周辺を散策したいため、
手っ取り早い裏技の赤埴林道へ。

午前7時11分、駐車場をスタート。

わずか9分で猪苗代ルートへ。
ここからはお花ロード。

ハクサンチドリ、タニウツギ、マルバシモツケなど。
もちろん、咲いていましたバンダイクワガタ。
P7080052.jpg P7080056.jpg
何とも言えない愛らしい姿\(//∇//)\
川上登山口への分岐に出ると、飯豊山の雄大な姿に感動。
P70800661.jpg
黄金清水、弘法清水を経て、午前8時46分、磐梯山頂上に到着です。
わずか1時間35分のお手軽さ。
P7080086.jpg P7080106.jpg
何度来ても磐梯山の365度展望は最高です。

40分ほど滞在し、9時27分、下山を開始します。

この時間になるとたくさんの人が頂上に登ってくるので、
弘法清水まで下りるのに時間が掛かります。

ついでにお花畑を回って下山します。

午前11時2分、駐車場到着です。
すごい、下りも1時間35分でした^^

なお、写真では分かりにくいですが、
赤埴林道は悪路となっていますので、ご注意を!
P7080150.jpg

Aizu磐梯

ご訪問ありがとうございます。
写真の花は会津磐梯山に咲く固有種バンダイクワガタ♪(人差し指ほどの大きさの小さなかわいい花になります!)

2003年4月から陸マイラー生活でワンパスマイレージ(現マイレージプラス)をコツコツ貯め始め、

2007年2月にケアンズ
(3名分75,000マイル)

2007年11月にグアム
(3名分60,000マイル)

2012年8月にシンガポール
(3名分90,000マイル)

2015年12月にグアム
(4名分100,000マイル)

そのほかデルタスカイマイル
2011年9月にパラオ
(1名分32,500マイル)

以上がこれまでの特典航空券の実績です♪

海外でよく行くのはグアム。飛行時間が短く、旅行代金が安い。他のところと比べると安全性は高いし、小さな子ども連れには間違いのないところ。
また、年1回以上海外旅行に行くために、マイレージプログラムなどを活用してお金を節約するだけでなく、お得感(値段以上に豪華♪)をいつも大事にしています。

山はもちろん、ブログのタイトルになっているように会津磐梯山がホームグランドですが、今は飯豊山の魅力にとりつかれています。飯豊山は長丁場なのですぐに登れないのが難点であり、魅力ですね。