桃園チャイナエアラインラウンジ(V2)

ラウンジ
11 /20 2016
2016年お盆休みを利用して、
チャイナエアライン(SkyTeam Airline Alliance)で台湾に行ってきました。


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードで
デルタスカイマイルの上級会員資格「ゴールドメダリオン」を手に入れたので、
スカイチームのラウンジを搭乗クラスに関わらず(つまりエコノミーでも)無料で利用できます。


台湾桃園国際空港第2ターミナル3階(ゲートD4付近)にある
桃園チャイナエアラインラウンジ(V2)へ。
P8150364.jpg

最初、セキュリティチェック通過後すぐにあるラウンジ、
桃園スプリームラウンジ(V3)へ行ったのですが、
こちらはゴールドメダリオンでは利用できません。
P8150363.jpg

V2ラウンジは2階建てになっており、
1階部分に飲食スペースがあります。

細長い部屋の構造になっており、
我が家が訪れたときは非常に混雑していました。

食べ物は麺類コーナーがあるなど充実していますが、
高級感はありません。
P8150367.jpg

まるでセルフサービスの食堂みたいな感じです。
ある意味、革新的なコンセプトです。

牛肉麺をいただきました。
ホテルで食べたもののほうが美味しかったですが、これはこれとしていけます。
P8150369.jpg

また、飲み物にヤクルトがおいてあり、
子どもたちへのいいお土産になりました^^

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Aizu磐梯

ご訪問ありがとうございます。
写真の花は会津磐梯山に咲く固有種バンダイクワガタ♪(人差し指ほどの大きさの小さなかわいい花になります!)

2003年4月から陸マイラー生活でワンパスマイレージ(現マイレージプラス)をコツコツ貯め始め、

2007年2月にケアンズ
(3名分75,000マイル)

2007年11月にグアム
(3名分60,000マイル)

2012年8月にシンガポール
(3名分90,000マイル)

2015年12月にグアム
(4名分100,000マイル)

そのほかデルタスカイマイル
2011年9月にパラオ
(1名分32,500マイル)

以上がこれまでの特典航空券の実績です♪

海外でよく行くのはグアム。飛行時間が短く、旅行代金が安い。他のところと比べると安全性は高いし、小さな子ども連れには間違いのないところ。
また、年1回以上海外旅行に行くために、マイレージプログラムなどを活用してお金を節約するだけでなく、お得感(値段以上に豪華♪)をいつも大事にしています。

山はもちろん、ブログのタイトルになっているように会津磐梯山がホームグランドですが、今は飯豊山の魅力にとりつかれています。飯豊山は長丁場なのですぐに登れないのが難点であり、魅力ですね。